自分や家族を守るために、警備を利用しよう

サービスについて

業者に期待される一つ上のサービス

ドアノブが壊れてしまった場合、最低限の処置として自らがドライバー等の工具を持参して外す事で応急処置をする事も可能です。この事から、ドアノブ修理の業者を手配する時にはその先を行く作業を期待する事が多くなっています。壊れたと言う事は新しいものに付け変える必要性があるのは言うまでもありませんから、新品のドアノブをどのような製品にするのかを考えるのが大切になっているのです。せっかく取り替えて付けてもらえるのであれば、凝ったデザインのものや最新のロック式を導入した鍵穴も一緒についたものに変更するなど工夫が出来ます。怪我の功名ではありませんが、技術を持つドアノブ修理業者をせっかく呼ぶのであれば取り付けを同時にしてもらえるか伺ってみましょう。新しいドアノブについて相談できる場合もあります。

最新のレバー式から倉庫の鍵まで利用出来る

ドアノブと言うと親しみのある丸い形状のものを連想する方も多いかもしれませんが、最近ではレバーハンドルタイプの棒状のものが市民権を得つつあります。子どもからお年寄りまでが気軽に使えるユニバーサルデザインとして定着している部分もありますが、何よりもその使い勝手の良さが評価されています。こうしたレバー型のドアノブ修理も可能ですから、変更したい場合や不具合を確かめて欲しい時にはドアノブ修理業者を呼んで下さい。ちなみに鍵穴にも同じような知識や技術が応用出来る部分があるため、金庫やバイク・自転車等の鍵穴も一緒に依頼する事が出来ます。古くなった物置や倉庫の鍵はサビついていて防犯に使えないようなものに劣化している事もよくありますので、ドアノブ修理と一緒についでに頼む事も頭に入れておくと良いでしょう。