自分や家族を守るために、警備を利用しよう

紛失した際

紛失する前に確かめる事

 バイクの鍵を紛失した場合、複製をすることになると思いますがその際には「イモビライザー」が搭載されているかどうかを確認しましょう。  イモビライザーというのは鍵内部の電子チップからの信号でエンジンのスタートを行うという物で、物理的な複製ではバイクのエンジンをかけることが出来ないというシステムです。  逆に言えば、鍵を外側から複製したのみではエンジンをかける事が出来ないという事でも有るので、紛失した際に一般的な鍵屋では対応することが出来ません。なのであらかじめ確認しておき紛失の際の為にスペアキーを作っておくことをお勧めします。  仮に作ってない場合は、鍵屋でも専門的なところであればイモビライザーのコピーも可能なのでそう言った店を探すようにしましょう。

製作の際の工夫について

 バイクの鍵は盗難対策のために日夜進化している一方で、紛失の際に対応しきれないという問題も同時に発生しています。  例えばイモビライザー搭載のバイクというのは昨今では当たり前になってきましたが、これは物理的なロックではなく電子ロックなのでコピーを作るにはそれ相応の技術が必要となるためホームセンターなどの合いかぎ製作では対応しきれません。  このようにしっかりとした盗難対策を施せば施すほど、紛失時の対応も難しくなるという問題があるので、あらかじめ紛失した場合のことも考えておくことが大事です。  イモビライザーは購入したディーラーや技術がある鍵屋に持ち込めば鍵の複製も可能ですし、物理的な部分のみ合わせた鍵でもギアを外して押してあることは可能なのであらかじめ一本でも製作しておくことをお勧めします。